2015年05月24日

「愛賛歌」 USAGI

今回はUSAGIの「愛賛歌」を紹介します。
USAGIの1stアルバム。

アルバムを再生して、初めに「好きをこえたヒト」が流れてきた瞬間、このアルバムが名盤であると感じた。

一曲目はアルバムの印象を左右する重要な曲だ。
明るい曲で一気にテンションを上げたり、インスト曲で始まりをより強調することもできるが、彼らは「好きをこえたヒト」という真骨頂である感情を揺さぶるような聴かせる一曲を持ってきた。

これは自身がなければなかなかできない。
事実、この楽曲で感情を揺さぶられたと思ったら、「最終バス」、「ここから」とさらに聴かせる楽曲が続くのだから、これで惹きこまれないはずがない。

聴き進めると、「愛賛歌」のような愛がテーマの壮大な楽曲や、「産声」のように少し荒々しさを出した力強い楽曲でまた新たな印象を与えてくれる楽曲で楽しませてくれるだけでなく、「イマジン」の夢を真摯に歌い上げる姿に思わず聴き入らせてくれたりと、USAGIの持つ魅力に次々と出会える。

そして、最後を飾る「スタッフロール」がアルバムを凝縮したエンドロール的な一曲になっていて、ここまであった出来事を表すようなドラマチックな音色と、携わってきた全ての人へのありがとうの気持ちを込めた歌声に、また感情を揺さぶられてしまう。

最初から最後まで、聴き手の心に訴えかける一枚のアルバム。
その想いを感じてみてほしい。

ちなみに、USAGIのYouTubeページで一部のMVが視聴できます。


posted by micarosu at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419524046

この記事へのトラックバック