2015年05月09日

Moonlight J-POP 15年3月篇

今回はサブコンで発表した、2015年3月度のマイベスト10を紹介します。
ダウンロード


10.星たちのモーメント/上野優華

どこか懐かしさを漂わせるメロディと空気がたまらない。
歌声も存在感があって、聴いていると安心感を与えてくれるところも魅力。



9.KLING! KLANG!!/TWEEDEES

久々に清浦夏実さんの歌声が聴けただけで大満足なのに、作曲が沖井礼二さんとなれば良いものになるに決まっているじゃないか。
ずっと聴いていたい。



8.モラトリアムスパイラル/Suck a Stew Dry

元々好きな楽曲が多いのだが、これは飛びぬけて良かった。
煌びやかな疾走感に映る未来の姿が確かに見えた。



7.サクラ君想う/MOGURA

また楽しみなユニットを見つけてしまった。
アコギの繊細な音色も良いが、その中を行く大地に響くような素朴で壮大な歌声が心地よい。



6.re-fly/和田光司

和田光司さんの久々の作品(ミニアルバム)のリードナンバー。
和田さんらしい疾走感もそうだが、今までの楽曲の歌詞を散りばめたような歌詞にも思わずニヤリとしてしまう。



5.LIKE A STAR/ALTER LEADCODE

イントロ聴いた瞬間から名曲と感じていたが、やはり間違いなく名曲だった。
音色が醸し出す不穏な空気感をまといながら響く歌声に不思議と惹きこまれてしまう。



4.ペーパードライバー/キルビルズ

アレンジの格好良さとか良いところがいっぱいあるのだが、この曲は歌詞の内容の面白さと「ペーパードライバー」のフレーズのインパクトの強さが素晴らしい。
もう頭から離れない。



3.Season/瀧川ありさ

アニメ「七つの大罪」のエンディングで、切なくも力強く1分30秒という短い時間を駆け抜けた鮮烈な煌き。
それだけでも強烈であったが、フルで聴くことで、それを超える煌きを感じることができる名曲。



2.少年/松井伸介

ミディアムテンポで真摯に届けるメッセージに、小気味良いリズムとメロディ。
それが流れてきて、耳を傾けないわけにはいかない。
自分は本当こういう曲大好きです。



1.好きをこえたヒト/USAGI

イントロの切ない音色から始まるこの曲は、一途な片想いを綴った言葉が耳に残る。
その言葉だけでも感情を動かされてしまうのに、ストリングスを加えた壮大な音の海の中、あえて明朗なメロディを乗せることで、想いの真っ直ぐさまで届けてくれる名曲。

特に何かが開けたような盛り上がりを見せる最後のサビは、何度聴いても鳥肌もの。



以上、2015年3月度のマイベスト10でした。

今月はダークホース的なキルビルズがどこに入るかで非常に悩みましたが、最終的にはこの順位に。

USAGIはマイベスト10では「イマジン」、「ここから」に続く3回目の1位。
本当素晴らしいデュオだなと思っています。
posted by micarosu at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Moonlight J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもありがとうございます!

「ペーパードライバー」、孤立票になるかと思いながら投票したのですが、案外かなりいい位置で2次投票に残りそうでびっくりです。

まさに「ペーパードライバー」を格好よく発音したかっただけだろう、という感じが清々しいですね。
Posted by airmail at 2015年05月10日 06:25
>airmailさん
コメントありがとうございます!

確かに「ペーパードライバー」は格好良く発音したかっただけにも思えますね。

でもそこだけでなく、「ペーパードライバー」あるある的な歌詞で楽しませてくれたり、アレンジが無駄に(←褒め言葉)格好良かったりすることで、非常に中毒性の高い曲になっている気がします。

今のところ案外投票入ってますし、2次投票に残ってくれると嬉しいですね。
Posted by micarosu at 2015年05月10日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック