2015年04月26日

「Detritus」 MILKBAR

今回はMILKBARの「Detritus」を紹介します。
MILKBARの1stフルアルバム。

ポップであり、自然体であり。
ひとたび聴き始めれば、その耳なじみの良さから来る心地よさに、時間が経つのを忘れてしまう一枚のアルバム。

一曲目の「Petronoise」の時計の音が気持ちを高ぶらせ、「TICTAC」のリズムが彼らの空間へと誘って行く。
「君に涙、僕に涙」の自然体のポップさから、「きらり」のキラキラとしたキャッチーな楽曲、「さよなら、まぼろし」の美しいメロディの流れを聴かされたら、もうここから離れられない。

一転して憂鬱な空気を醸し出す「5月14日、雨の日に。」から、静かに壮大に歌い上げる「THE JOSHUA TREE」、蕾が花開くような温かさを感じさせる「hello lina」へと続くことで、再び自然体のポップな楽曲「Shelly」が色鮮やかに映る。

続く「愛と死」の和ロックなアレンジはアルバムの中では異色だが、その完成度の高さが聴く者をまた惹きこんでいく。

「世界を包丁で切り分けろ少女」の葛藤しながらも駆け抜ける疾走感が最後の助走をつけ、「ルーゼとフランと美しい雨の街」の瑞々しさが残す美しい余韻がアルバムを締める。

ここまでが本当に一瞬で、また最初から聴きたくなってしまう至極の一枚。
自然体なポップの姿を是非感じてみてほしい。

ちなみに、下記リンクからMVが視聴できます。
「君に涙、僕に涙」
「THE JOSHUA TREE」
「Shelly」
「ルーゼとフランと美しい雨の街」

posted by micarosu at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417987625

この記事へのトラックバック