2014年12月14日

「WONDER and WONDER」 ヒトリエ

今回はヒトリエの「WONDER and WONDER」を紹介します。
ヒトリエの1stフルアルバム。

言葉が聞こえる。
アルバムを聴いて感じたのはそれだった。

この"言葉が聞こえる"には2つの意味がある。
1つは文字通り"言葉"という単語が多く出てくるということ。

今までは女の子の主人公の感情を描くことが多かったが、今回はその姿はあまりなく、どちからといえばwowakaさん本人の感情を綴っているように見える。
その感情を表すのに"言葉"というわかりやすい言葉が出てきていることで、その意味に自然と耳を傾けてしまう。

これは大きな変化だ。

そしてもう1つは、言葉が聞き取りやすくなっているということだ。
「センスレス・ワンダー」のように高速で畳み掛けてくるような印象が今まで強かったが、今作ではキャッチーなメロディはそのままに、ポップやメロディアスな要素が追加されている楽曲が多い。

「癖」はその典型的な一曲で、ゆったりとしたテンポに叙情的なメロディで聴かせるため、綴られた言葉が耳に残る。
詩に"言葉"という単語も出てくることからも"言葉が聞こえる"曲で、今回の作品の象徴的な一曲になっている。

とはいえアルバムはこういった楽曲だけではなく、「インパーフェクション」や「5カウントハロー」、「NONSENSE」のように高速で展開される楽曲も確かに存在する。
その中に違うアプローチで魅せる楽曲を並べていることで、それぞれの良さを引き立てていることが何より印象的。

ヒトリエというバンドの進化が見えるというだけでなく、ヒトリエの魅力はここまであったのかを改めて感じさせてくれる一枚。
素晴らしい。

ちなみに、ヒトリエ OFFICIAL WEBSITEからアルバムのトレーラー、「インパーフェクション」、「5カウントハロー」のMVが視聴できます。

posted by micarosu at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410650205

この記事へのトラックバック