2014年11月02日

「月の指揮者」 広沢タダシ

今回は広沢タダシさんの「月の指揮者」を紹介します。
広沢タダシさんの3年ぶりとなるフルアルバム。

吸い込まれそうな大人の色気。

最もそれを感じさせるのはサウンドの構成。
ジャズミュージシャンとのセッションやトランペットの音色は色気そのもので、感情の深い部分を描く詩が印象的な「HOTEL TOKYO」はまさに大人の色気を体現した一曲。

大人といってもそういう深さだけではなく、「ふわふわ」の感情の揺れ動きのもどかしさと浮遊感であったり、「オトナになりたい」の脆さからも色気を感じさせるのは流石の一言。

そしてもう一つ注目すべきは「サフランの花火」だ。

ファンの間ではおなじみの楽曲だが、アルバムとしては「FRIENDS UNPLUGGED」にラブハンドルズをフィーチャーした曲が収録されているのみで、単独音源としてアルバムに収録されるのは実はこれが初めて。

真っ直ぐなメッセージにシンプルなメロディ。
だけど、そこに込められたものの大きさは計り知れない。

それは元々の楽曲が持つ力と、これまで歌い続け、愛され続けたという時間が作った力。
それが重なり合い、最高の一曲になっている。

また、「月の指揮者」というタイトルナンバーのすぐ後にあることも大きなポイントで、新しい楽曲であり、アルバムの中核でもあるこの曲の傍にあっても、昔の曲という感じは全く無い。

アルバムの内容的にもここに入るしかないというくらいマッチしていて、「サフランの花火」はこのアルバムに入るために作られた楽曲なのかもしれないとも感じてしまう。

それが「月の指揮者」というアルバムの魔力。

それぞれの楽曲が違った個性を放っているのに、全てが集まると不思議とバラバラな感じが無い。
言うならば、「月の指揮者」がそれらを吸い寄せ、そのタクトで全てを織り交ぜた至極の音楽という名の一枚へと昇華させているようだ。

広沢タダシさんの一つの到達点であり、新しい始まりを予感させる一枚。
楽曲単体も素晴らしいが、一度通して聴いてみて欲しい。

ちなみに、「ふわふわ」、「月の指揮者」、「旅に出ようぜ」のMVが下記リンクから視聴できます。

「ふわふわ」
「月の指揮者」
「旅に出ようぜ」

posted by micarosu at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック