2014年10月26日

「少年」 barbalip

今回はbarbalipのアルバム「少年」を紹介します。
barbalipの1stフルアルバム。

野生的。
その言葉がしっくりくる。

でも決して荒々しいというわけではなく、野生的でありながら情熱的で、でも切なさや優しさ、更には愛までも含んでいる。

言うならば、伝えるべきことを思いのままに掻き鳴らす、エネルギーの塊のような音楽を聴かせてくれる。

その最たるが「FANTASY」だ。
イントロから響き渡る原始的なビートで惹きこみ、その中で響かせる皮肉めいた言葉達。

優しい言葉は実はファンタジーではないか?
それが本当に正しいのか?

「よく考えよう」
サビの突入部分で叫ぶように歌うこの言葉がとてつもない速度で胸に響く。

そう、この曲はただ怒りや悲しみを歌うのではなく、騙されるなという警告を歌っているのだ。
それは同時に自分を強く持てというメッセージも連れてくる。

だから聴いていると、勇気というより闘志のようなものが沸々と湧いてくる。
こういう熱い曲作ってくれるバンドに久々に出会えた気がする。

もちろんアルバムは「FANTASY」だけではない。

「I will get back your smile again」の流れるようなメロディと畳み掛けるギター、「スローモーション」、「イカロス・ソング」、「前を向いて歩こう」と真っ直ぐな言葉を耳に馴染むメロディに乗せ、「HELLS BELLS」の攻撃性ではらしさを見せつつ、「リンゴ」のようなシンプルなメロディとリズムであっても彼ららしさが滲み出てくるのも面白い。

最後の「少年」はそれらの魅力を全て詰め込み、全身全霊で歌う一曲。
アルバム全体の熱量が高いが、更にこんな熱量の高い曲を最後に持ってきていることで、アルバムを聴き終えたときの満足感が半端ない。

こんな熱いアルバムにはなかなか出会えない。
その熱さは一度聴いて確かめてみて欲しい。

ちなみに、こちらで「FANTASY」のMVが視聴できます。

posted by micarosu at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック