2014年08月31日

「今、そこにある明滅と群生」 高橋優

今回は高橋優さんの「今、そこにある明滅と群生」を紹介します。
高橋優さんの4thアルバム。

リリースごとに予想を上回るものをリリースしてくれる高橋優さんですが、今回もまた予想を上回る作品だった。

アルバムのは始まりは「BE RIGHT」から。
現状の皮肉を歌いながらも、軽快なテンポとメロディ、そしてサビの歌詞で聴き手へエールを送ってくれる。

続く「太陽と花」は格好良い骨太のサウンドから始まり、強く生きていく姿を力強く歌い上げる高橋優さんの歌声に聴き惚れてしまう。

「裸の王国」では題材に冷静に客観的にSNSについて描いていて、色々考えさせられる。

客観的という言葉を使ったが、これは他人事という意味ではない。
目線を変えるという意味で、今見ているものは本当に全てか?という投げかけでもある。

この目線を変えるというのが一つポイントで、「裸の王国」だけでなく、「WC」、「犬」など、アルバムの中で存在感を放つ曲がある。

こういった曲があることで、「BE RIGHT」や「太陽と花」などに込められた希望がより尊く感じることができ、アルバムを聴き終えたときに心が満たされたような感じになる。

アルバムのキャッチコピーとして「平成の大名盤なり!」という言葉が使われているが、この言葉に嘘、偽りはない。
今の高橋優さんだからできる最高傑作だ。

ちなみに、高橋優 オフィシャルサイトから一部視聴できます。


posted by micarosu at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404666521

この記事へのトラックバック