2014年08月03日

「WHAT A WONDERFUL WORLD」 The Cheserasera

今回はThe Cheserasera(ザ・ケセラセラ)のミニアルバム「WHAT A WONDERFUL WORLD」を紹介します。
The Cheseraseraのデビューミニアルバム。

ふと耳にしたある曲がある。
その確かなロックサウンドの中で聞かせる馴染み易いメロディと"日進月歩"という印象的な歌詞。

それがThe Cheseraseraの「月と太陽の日々」と知って、アルバムを聴いてみたらこれがまたすごかった。

1曲目の「月と太陽の日々」の圧倒的な存在感でアルバムを引っ張り、2曲目の「でくの坊」では主人公デクの行動と心理描写を繊細に描いていて、その表現の仕方に非凡な才能を見せる。

「ラストシーン」では静かな闘志と結末、「彗星」では無気力さ、「goodbye days」では日々の流れを受け止めながらも進もうとする意思を秘めた詩とサウンドで聴かせる。

「思い出して」の過去を振り切ろうとする言葉の強さを表すような重厚な音を響かせたかと思えば、「SHORT HOPE」では2分ちょっとの中にキレの良い音を聴かせてくれ、アルバムのラストに適度な爽快感を残してくれる。

確かなロックサウンド、言葉の選び方、馴染みの良いメロディ。
惹かれる部分は多くあげられるが、中でも大きいのは、全体を通して終わりが見え隠れしていることだ。

終わりというのは後ろ向きのイメージもあるが、同時に儚さを醸し出すものでもある。
彼らの音楽はまさにそんな一瞬の儚さだけ切り取ったような音楽といえる。

だからこそ、どんな人でも自然と聴き入ってしまう。
そんな不思議な力を持ったデビューミニアルバムだ。

ちなみに、The Cheserasera OFFICIAL WEBSITEから「月と太陽の日々」が視聴できます。

posted by micarosu at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック