2014年06月08日

「人物」 しあわせのしわざ

今回はしあわせのしわざのアルバム「人物」を紹介します。
しあわせのしわざのファーストフルアルバム。

また楽しみなバンドに出会ってしまった。
その名は「しあわせのしわざ」。

日本語の響きを大切にした言葉の中に皮肉さも込めながら奏でるロック。
三人というバンドとしての最小編成でありながら、確かな演奏力で惹きこむ力は流石。

ライブ感も演出するようなアルバム構成も聴き逃せない。
曲の配置によるところも大きいが、後奏に力を入れていることで最後まで飽きさせない展開にしている点も大きい。

例えば「シトラス」。

唯一MVが作成されていることからリードナンバー的一曲で、夏の陽炎のような儚さと疾走感が心地よい一曲。
イントロのベースの音色から一気に惹きこまれ、最後のサビまで一気に引っ張られるように聴いてしまうのだが、そこから魅せる後奏の展開がこの曲を唯一無二の存在感を持つ曲に昇華させている。

これを聴いたときからもうしあわせのしわざの術中にはまってしまったと言っていい。

また楽曲のタイプも一辺倒ではなく、「東京」のようにピアノ音色を響かせながら孤独と決意を感じさせる一曲や、「完熟トマトが舌を汚した」のようも歌謡曲テイストでありながら畳み掛けるような言葉と音に唸ってしまう曲まであり、飽きさせない。

このアルバムでも既に完成しているが、このバンドはまだまだ進化していきそう。
なんかいずれ大きなバンドになりそうな期待を感じずにはいられない、可能性を含んだファーストアルバムだ。

ちなみに、こちらで「シトラス」のMVが視聴できます。


posted by micarosu at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399015612

この記事へのトラックバック