2014年04月27日

「361°」 SUPER BEAVER

今回はSUPER BEAVERのアルバム「361°」を紹介します。
新ロックレーベル[NOiD]とタッグを組んでリリースするフルアルバム。

これが360°という一周を回って、新たな1°を踏み出そうとしているバンドの音か。

とてつもなエネルギーを持った音楽。
それは単純に勢いやノリで作られたものではなく、迷いがなく、どこか確信にも似た力が見え隠れする。

例えばタイトル曲でもある「361°」。

始まりを感じさせる迫力あるロックサウンド。
その予感を生み出しているのは、歌いだしからの繊細さを兼ね備えたサウンドと、それがサビで一気に開ける展開だ。

サビ前は過去、そしてサビは今を映すことで、聴き手には未来までを見せる、このアルバムの核と言える一曲。

そしてもう一曲忘れてはいけないのが「ありがとう」だ。

繊細さを前面に出しながらも、その奥に確かに存在する熱さ。

今までの全てと向き合い、全てを受け止めることで、見えてきたこと。
新たな一歩である361°という地点へ立たせてくれたことへの感謝。

それをエモーショナルなサウンドと"ありがとう"というシンプルな言葉に乗せた感動の名曲。

過去、今、そして未来。
SUPER BEAVERが歩いてきたこと、そしてどこへ歩こうとしているか。

「361°」というアルバムは、そんな彼らの全てが詰まっている名盤だ。

ちなみに、こちらで「ありがとう」のバンドVer.、こちらでドラマVer.のMVが視聴できます。

posted by micarosu at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395709182

この記事へのトラックバック