2014年02月02日

「空の罠(下)」 空想委員会

今回は空想委員会の「空の罠(下)」を紹介します。
空想委員会の3rd EP。

雨というものにどんなイメージを抱くだろう?
恐らくは少し暗かったり、後ろ向きなイメージなるのではないだろうか。

そんな雨をテーマにした1つのコンセプトEP作品が「空の罠」だ。
その下巻に収録されたナンバーを聴いて、雨のイメージが少し変わった。

「雨男のソリッド」の雨男だからできることを見つけた力強さ、「悪天ロックフェスティバル」の悪天だから格好良く映るロックフェスの姿、「霧雨ガール」の君の優しさを霧雨に例えた言葉選び。

どれも雨をプラスのイメージに変えるような楽曲だが、中でも「プロポーズ」の存在が光る。

互いの価値観の違いを埋めるための手法として"雨を眺める"ことを挙げた僕。
こんな雨でもずっと一緒に眺めていることできるなら、きっと…。

そんな想いをシンプルなメロディに乗せながらも、奥の深さも醸し出している。
空想委員会の中でもこれだけシンプルなバラードは珍しく、そういった意味でも印象強く耳に残る。

雨はそんなに悪いものではない。
それが全体から伝わってくる興味深い一枚だ。

ちなみにこちらで「空の罠(下)」のダイジェスト版、こちらで「プロポーズ」のMVが視聴できます。


posted by micarosu at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386808812

この記事へのトラックバック