2013年11月03日

「馬場俊英LP1〜キャンディー工場」 馬場俊英

今回は馬場俊英さんのアルバム「馬場俊英LP1〜キャンディー工場」を紹介します。
馬場俊英さんの11枚目のアルバム。

漂う昭和の香り。

「ギザ10」、「駄菓子屋」などの直球的な言葉から、「石ころ伝説」や「昭和生まれの星屑野郎」など、いかにも昭和の時代を映すようなタイトルが並び、それだけでも懐かしい気持ちになってくる。

でもそれだけではない。

「野蛮人になって」のような強いメッセージ、「愛をあきらめないでくれ」の繊細に響かせる優しさ、「預金通帳の歌」ではお金というものの持つ怖さを考えさせられ、EPの表題曲としてリリースされた「平凡」、「犬はライオンになりたくない」、「弱い虫」は、そういった時代を生きてきた人への応援を歌っている。

あくまで懐かしさを伝えるのではなく、これまで生きてきて感じたことを噛み締めて、また明日を生きてほしい。
そんな想いがこめられているよう。

2枚組みというボリュームに今持っている全てを詰め込んだベスト的アルバム。
大満足のアルバムだ。

ちなみに、「馬場俊英LP1〜キャンディー工場」特設ページで視聴できます。


posted by micarosu at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379302721

この記事へのトラックバック