2013年04月14日

「君と僕と世界の心的ジスキネジア」 Lyu:Lyu

今回はLyu:Lyuの「君と僕と世界の心的ジスキネジア」を紹介します。
Lyu:Lyuのファーストフルアルバム。

更に深化したサウンドと世界。

彼らの音楽では絶望や孤独を歌うことが多かった。
以前のミニアルバムから収録されている「アノニマス」、「文学少年の憂鬱」、「暁」を聴けばそれがよくわかる。

だが、アルバムに新たに収録された曲たちを見ると、それだけではないことに気づく。

例えば君という存在が大きな意味を持っている「君から電話が来たよ」など、孤独な世界に別の存在が垣間見える。

孤独という芯は変わっていないが、別の存在が加わることで、そこには確かに世界があることを感じさせてくれる。

つまり一人だけのものではない音楽。
それがここにはある。

ちなみに、Lyu:Lyuオフィシャルウェブサイトから一部視聴ができます。

posted by micarosu at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369766712

この記事へのトラックバック