2013年02月17日

「CIDER ROAD」 UNISON SQUARE GARDEN

今回はUNISON SQUARE GARDENのアルバム「CIDER ROAD」を紹介します。
UNISON SQUARE GARDENの4thアルバム。
シングル「流星のスコール」、「リニアブルーを聴きながら」収録。


まずお礼をしないといけないな。
こんな素晴らしいアルバムを聴かせてくれたことに。

前作「Populs Populus」でポップに思い切り振ったアルバムだと思っていたが、今作はそれを遥かに超えてきた。

「to the CIDER ROAD」の歌詞にもあるが、「♪CIDER ROAD もう迷わないで」この言葉が全てを語っている。
ポップであることにもう迷わないと。

今回のアルバムはまさにポップそのもの。
サウンドがキラキラしていて、言葉もシンプルになってるからすごく耳になじむ。

また今回のアルバムは曲と曲の繋ぎが素晴らしい。
余韻を残しつつも間髪いれずに次へ次へと展開していく流れは、ライブを彷彿とさせる。

始まりの「to the CIDER ROAD」、「ため息 shooting the MOON」、「リニアブルーを聴きながら」の流れは中でも秀逸で、これを聴かされたらもうアルバムの途中退場なんてできない。

気づいたらラストの「シャンデリア・ワルツ」の突き抜けたテンポとポジティブさにやられているだろう。

とにかく最高にポップな一枚。
このアルバムを名盤と呼ばずに何と呼ぶ?

ちなみにこちらで「CIDER ROAD」トレイラー映像が見れます。


posted by micarosu at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369766703

この記事へのトラックバック