2012年12月16日

「まぼろしアンソロジー」 ピロカルピン

今回はピロカルピンのアルバム「まぼろしアンソロジー」を紹介します。
ピロカルピンのメジャーセカンドアルバム。

テーマは「架空と現実、過去と未来を紡ぐ、幻想短編詩集」。
自主制作時代の楽曲5曲と新曲2曲で構成されたアルバム。

特にバンドの方向性を決めたという「桃色のキリン」は圧巻。

哀愁漂うサウンドの中に、物語のような世界が広がる。
言い換えれば絵本を聴いているような、そんな独特の雰囲気に浸ることができる。

「桃色のキリン」をはじめ、一曲一曲の完成度が非常に高く、聴き進めることが楽しみになってくる。

しかし、これだけ個性豊かな曲が入っているとバラバラな感じもするが、不思議なほど一体感があることに気づく。

それは、芯の部分でピロカルピンというバンドの存在が揺らいでいないからだろう。

確かな信念と自身。
それがあるからこそ、過去の曲と今の曲を繋ぐというアルバムができたのだろう。

"まぼろし"をテーマにした7つの物語。
どの物語を切り取っても、ピロカルピンの魅力が楽しめる一枚だ。

ちなみに、ピロカルピン OFFICIAL WEB SITEから「桃色のキリン」のPV視聴ができます。

posted by micarosu at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック