2012年11月25日

「Regenerate.」 Bluem of Youth

今回はBluem of Youthのアルバム「Regenerate.」を紹介します。
10年ぶりの5thオリジナルアルバム。

待ちに待ったという言葉を、声を大にして言いたい。

「GROWIN' DAYS」から実に10年ぶり。
活動再開後初のオリジナルアルバムが遂に届けられた。

そのアルバムの印象を一言で表すと、"深い"。

活動休止中にソロでそれぞれ活躍する中で得たもの。
それを「Bluem of Youth」に持ち帰ることで、今までには出せなかったものが出せている感じがする。

駆け抜けるようなロックナンバー「Samurai Drive」に始まり、「ハナウタメロディ」の色鮮やかで広がっていくピアノ、「楓」では消えていきそうな想いの中で、"願い"が確かな存在感を放つ。

「ずっと好きだった」は詩に綴られたドラマに余韻を残し、「蛍」ではピアノとアコギの音色に別所さんの歌声が絶妙に絡み合う。

「Step」が軽快なポップさを呼び込めば、「Baby monster」で骨太なロック、「跳ね馬ベイベー」ではライブの盛り上がりを想像させてくれる格好良いナンバーを披露。

「星の涙」では切なさの中に微かな光を見せ、最後の「未来note」の壮大なピアノナンバーが全てを一つにまとめてくれる。

アルバムという枠の中に持てる力を詰め込んだ一枚。
彼らのこの10年の答えが、ここにある。

ちなみに、こちらで「楓」が視聴できます。

Bluem of Youth official web site

さらにちなみに、この記事を読んでBluem of Youthに興味を持った方は、以前書いた彼らの特集記事も読んでいただけたら幸いです。↓
キセキ その4 〜Bluem of Youth

posted by micarosu at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック