2012年11月11日

「僕はまだ必要十分条件を満たしていない。」 空想委員会

今回は空想委員会のアルバム「僕はまだ必要十分条件を満たしていない。」を紹介します。
シングル「完全犯罪彼女」と同時発売の空想委員会の2ndミニアルバム。

こんなに格好良かっただろうか?

今までの楽曲も格好良い楽曲だったが、特に今作ではサウンドの面が洗練されたように思える。

「難攻不落ガール」の詩の少林部にあわせたカンフー映画のようなサウンド、「サヨナラ絶望人生」のマイナスな気持ちの中に見つけた確かな気持ち、「その男、時空犯罪未遂容疑者につき」の戻れないときへの後ろめたさを示すような少し沈んだ空気感、「23:50」の最終電車に揺られる主人公の走り出したいような決意。

アルバムの間に入る「カポプシリア(instrumental)」も効果的なアクセントとなり、一つ一つの物語が鮮明に映し出される。

綴られた言葉だけでも共感を覚えてしまいそうなのに、そこに洗練されたサウンドまで加わってしまったら、はまらないわけにはいかない。

空想委員会というバンドを知るには、必要十分な一枚ではないだろうか。

ちなみに、「僕はまだ必要十分条件を満たしていない。」特設サイトから視聴できます。

空想委員会 オフィシャルウェブサイト

posted by micarosu at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック