2012年10月14日

「プラスとマイナスのしくみ」 nano.RIPE

今回はnano.RIPEのアルバム「プラスとマイナスのしくみ」を紹介します。
nano.RIPEのセカンドフルアルバム。
シングル「絵空事」、「リアルワールド」が収録されています。

nano.RIPEらしさと、進化が見られる一枚。

アルバムの始まりを告げる「うつくしい世界」で圧倒的な疾走感と世界観で聴き手をアルバムの中に誘い込み、「ぼくなりのおとぎ話」、「絵空事」、「アドバルーン」、「アンサーソング」と、nano.RIPEらしい曲たちがお出迎え。

続く「ナンバーゼロ」は、今までとは少しばかり雰囲気が変わる。

葛藤を描くきみコさんの独特の詩の世界もさることながら、音の作り方や曲展開など、どれを取っても格好よく、nano.RIPEがロックバンドであることも示してくれるような曲。

まさにアルバムの核とも言える一曲で、この曲がここにあることで、アルバムがギュっと締まる。

その後、「よすが」、「ゆきのせい」、「ページの中で」では少し落ち着きが並び、曲の持つ雰囲気に酔いしれさせてくれたかと思えば、まだ終わらせないとばかりに「リアルワールド」を繰り出す。

はじっけっぷりそのままに、「サクゴエ」で勢いを保ちつつ、「かえりみち」、「グッバイ」、「架空線」で余韻を残しながらアルバムは終わる。

その余韻に浸っていたら、また始めから聴きたくなるから不思議だ。
前アルバム「星の夜の脈の音の」のときもそうだったが、nano.RIPEのアルバムにはそういう魅力がある。

ただ確実に言える事は、進化をし続けていること。
「ナンバーゼロ」や「リアルワールド」など、今までの彼らからは想像できない楽曲が生まれたことで、彼らの音楽性は広がりつつある。

その進化の過程を感じるためにも、このアルバムは是非聴いてもらいたい一枚だ。

ちなみに、↓のamazon商品ページから視聴できます。

nano.RIPEオフィシャルサイト


posted by micarosu at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック