2012年08月26日

「シアロア」 感傷ベクトル

今回は感傷ベクトルの「シアロア」を紹介します。
ボーカル、ギター、ピアノ、作詞、作曲、作画を担当する田口囁一と、ベースと脚本を担当する春川三咲によるユニット、感傷ベクトル。
ネット上で発表していたメディアミックス作品「シアロア」を、アルバムとコミックで同時リリースという異色の作品になっています。

1つ1つが物語を持った音楽。
そこには、迷いや悩みを抱えつつ、それぞれの想いのために生きる主人公達の姿が鮮明に映し出される。

それぞれがとても印象的で、一見するとこの主人公達は関係を持たないような感じがするが、これらが全て「シアロア」へと繋がる。
いや、正確には「シアロア」を巡る物語がここで繰り広げられていると言った方がいい。

それは、この作品だけではなくもう一つの作品と照らし合わせることで具現化する。
それがコミックス「シアロア」だ。

元々今回のアルバムに収録されている楽曲は、ネット上で毎月漫画と音楽を同時にアップする企画で、既に発表されていたもの。

それをアルバムとコミックの形で同時にリリースをしているため、コミックス「シアロア」を読むことで補間はされるわけだが、これらが一つの流れのある形で収録されることにより、今まで見えなかった世界を感じることができる。

漫画と音楽。
それらは決して遠い存在ではなく、すぐ近くにある存在。

その両方を同じ人達が手がけたら、こんな大きな可能性を持つ。
それを感じずにはいられない作品だ。

ちなみに、感傷ベクトル -sentimental vector-で視聴できます。




posted by micarosu at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック