2012年07月29日

「ゴールデンボール」 ブリーフ&トランクス

今回はブリーフ&トランクスの「ゴールデンボール」を紹介します。
2000年に解散したブリーフ&トランクスが12年ぶりの再結成。
今作が再結成後第一弾シングルになります。

ブリーフ&トランクスがまさかの再結成!
さらにシングルリリースとなれば喜ばずにはいられない。

その12年ぶりのシングルがこの「ゴールデンボール」。

哀愁漂うメロディ、伊藤さんと細根さんの絶妙なハーモニー。
これだけなら純粋に切ない楽曲なのだが、そこに"ゴールデンボール"という歌詞を乗せてしまうのが、ブリトラらしい。

それでも最後まで聴くと、不思議な感動を覚えるのが面白い。

ブリトラというと、「青のり」のようなあまりにも細かい視点で捉えた日常生活のような楽曲の印象が強いが、「石焼イモ」や「風のとらえかた」といった純粋に切ない楽曲もある。

この曲は、前者のような楽曲が好きなマニアには少し物足りないかもしれないが、ファンならずとも受け入れられる楽曲といえる。

ブリトラ再結成、そしてシングル「ゴールデンボール」。
この1枚から何が始まるか、楽しみだ。

ちなみに、ブリーフ&トランクス オフィシャルサイトから視聴できます。

posted by micarosu at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369766669

この記事へのトラックバック