2012年07月01日

「into the green」 cinema staff

今回はcinema staffの「into the green」を紹介します。
cinema staffの1st E.P.にしてメジャーデビュー作品。
リード曲「into the green」を含む新曲2曲とライブでも定番のインディーズ時代を代表する4曲の再録を含む全6曲入りになっています。

シンプルなサウンドとアレンジの中に、夏の空気感と絶望、そしてそこから前に進みだそうという決意が垣間見える一曲。

聴き始めから漂う喪失感に少し沈んだ気持ちになりつつも、歌詞の中にも登場する"緑"という言葉が、聴き手に希望を与えてくれる。

"緑"というのは、夏の生い茂るような草木の色と純粋に捉えられるが、彼らの中では何か特別な意味合いがあるようにも感じる。
だからこそ、聴き手も"緑"という言葉に希望を感じずにはいられなくなるのではないかと思う。

それだけの想いをこめた「into the green」という楽曲は、彼らのメジャーデビューには必要な一曲なのだろう。
だが、それだけが彼らの魅力ではないことが、カップリングに収められている再録の4曲からわかる。

ライブの定番曲を選んだということで、変調があったり叫ぶような楽曲もあったりで、盛り上がりだけでなくこういう楽曲もあるんだと気づかされる。

「into the green」を表に置きつつ、cinema staffというバンドの魅力に浸れる1枚。
とにかく一度手に取り、聴いてみることをオススメしたい。

ちなみに、cinema staff Official Web Siteから「into the green」の視聴ができます。


into the green

into the green

  • アーティスト: cinema staff
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2012/06/20
  • メディア: CD
posted by micarosu at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック