2012年05月20日

「蜃気楼」 ピロカルピン

今回はピロカルピンのアルバム「蜃気楼」を紹介します。
ピロカルピンがついにメジャーデビュー。
本アルバム「蜃気楼」がメジャー1stアルバムです。

前へ前へ進もうとする想い。
それを心に落としてくれるような音楽。

例えば、一曲目の「メトロ」。

メトロを人生と重ね、どれに乗ればいいかわからず、時に上ったり下ったり、例えそれが回り道だとしても進んでいくんだという想いが綴られた曲。
そこには、メジャーデビューという新しい扉を開いたピロカルピンというバンドの想いも詰まっているようで、これを一曲目に持ってきていることに、強い決意を感じる。

そこに続く「未知への憧憬」が、まさに羽ばたこうとする様子を詩とサウンドで表現していて、「メトロ」の少し重いサウンドからの流れも相まって、絶妙な開放感を持った一曲になっている。

そしてアルバムの最後に収められている「不透明な結末」。

追いかけても追いかけても辿りつけない"理想郷"。
前へ進んでいるからこそ悩み立ち止まり、それでも旅を続けていこうとまた歩き出す。

これは、このアルバムを表すような一曲。

「メトロ」に始まり、「未知への憧憬」と続き、「不透明な結末」へ至る旅。
これが終わりではなく、またここから始めようという想いが、この旅には込められている。

そしてそれを、アルバムタイトル「蜃気楼」という言葉に託しているようだ。

このアルバムはぜひ1曲目から通して聴いて欲しい。
そのときにこそ、感じられる想いがあるから。

ちなみに、ピロカルピン OFFICIAL WEB SITEからPV本編&告知CMが見れます。


蜃気楼

蜃気楼

  • アーティスト: ピロカルピン,松木智恵子
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2012/05/16
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369766656

この記事へのトラックバック