2012年05月06日

「馬場俊英EP1〜平凡」 馬場俊英

今回は馬場俊英さんの「馬場俊英EP1〜平凡」を紹介します。
今思って・感じていることをすぐに歌にして、すぐに皆様に届けるというEXPRESS CDの第1弾。
「平凡」、「幸せのウェイティングリスト」、「吊り橋」、「オオカミの歌」が収録されています。

「平凡」を聴き始めたとき、今までにない雰囲気を感じた。

重厚なサウンドの中でつぶやくように歌う声。
途中転調をし、そこからさらに畳み掛けるように放たれるメッセージ。

いつだって"今"を動かしているのは、平凡な僕たちじゃないのか?

平凡であることは悩むことでも下を向くことでもなく、誇りを持って前を向いて欲しい。
その想いを詩、歌声だけでなく、サウンドの面でも大きく幅を振った、9分超えの大作となっている。

この今までにない感じは、まさに須藤晃さんをプロデューサに迎えたからだろう。

馬場さんの空気感を大事にしつつ、ダイナミックなサウンドで広げた世界。
この世界は今後の馬場さんを語る上で、欠かすことができないものになりそうだ。

また今作は、今思って・感じていることをすぐに歌にして、すぐに皆様に届けるというEXPRESS CDという形を取っている。

「平凡」を含め全4曲(他に「幸せのウェイティングリスト」、「吊り橋」、「オオカミの歌」)が収録されていて、そのどれもに上記と同様のことが言える。

新生・馬場俊英。
その第一弾を飾るには、申し分のない1枚だ。

ちなみに、馬場俊英オフィシャルサイト平凡特設ページで視聴できます。


馬場俊英EP1〜平凡

馬場俊英EP1〜平凡

  • アーティスト: 馬場俊英
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2012/04/25
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック