2011年07月22日

「Populus Populus」 UNISON SQUARE GARDEN

今回はUNISON SQUARE GARDENのアルバム「Populus Populus」を紹介します。
UNISON SQUARE GARDENの3rdアルバム。
シングルに収められていた「スカースデイル」、「カウンターアイデンティティ」、「オリオンをなぞる」が収録されています。

このアルバムの帯にはこう書いてある。
「それでも、それでも明日を探す」

常に自分達の表現したいものを模索した彼らの、一つの到達点ともいえるのが、この「Populus Populus(ポプラ ポプラ)」。
それくらい素晴らしい作品だ。

このアルバムで彼らは、ロックバンドでありながら、ポップという面にも思い切って振っている。

代表的な曲としては、シングルとしてもリリースした「オリオンをなぞる」。
曲の感じや展開などには彼ららしさが存分に出ているが、この曲ではピアノの音を取り込んでおり、タイトルどおりに繊細だけど壮大で広がりのあるような曲に仕上がっている。

この流れを、いい意味で昇華させたのがこのアルバムといえる。

アルバムの前半では今までの彼ららしさ、そして後半にはポップさが前面に出て、最後は「未完成デイジー」、「オリオンをなぞる」、「シュプレヒコール〜世界が終わる前に〜」で終わる。

この展開は今までの彼らを知っている人からは驚かれそうだが、ここには驚き以上の心地よさと安心感を得る。
彼らがポップに振ったら、こんないい音楽ができるのかと。

そう思って改めてアルバムタイトル「Populus Populus」を見てみると、UNISON SQUARE GARDENというロックバンドに、PopをPlusした=Populusという風にも取れる。

そんな彼らの挑戦と確信が詰まった一枚。
文句なしの名盤です。

ちなみに、視聴先は見つからなかったのですが、アルバムのCMはこちらから視聴できます。

UNISON SQUARE GARDEN official web site


Populus Populus

Populus Populus

  • アーティスト: UNISON SQUARE GARDEN
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2011/07/06
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック