2011年07月15日

「太陽になろうとした鵺」 Lyu:Lyu

今回はLyu:Lyu(リュリュ)のミニアルバム「太陽になろうとした鵺」を紹介します。
約1年ぶりとなるセカンドミニアルバム。
シングル「嘘と明日」も収録されています。

人は一人では生きていけない。

その生きる中で人は、誰かに影響を受け、誰かに影響を与え。
誰かが死んだときは、そのことに少なからず、感情が動かされる。

そんな生きること、死ぬことについて綴れられた言葉が、このミニアルバムの中心にある。


次の脱落者は誰ですか?

人が死んでいくことに対し、次が君じゃなければと思いつつ、他の誰かならいいのか…と答えのない葛藤をする「drop out」。


誰か名前を読んで 僕の

文学作品や作者に自分を重ね、こんな風には生きられないと思いながらも、こんな現状から飛び出して生きたいという心の叫びが聞こえてくるような名曲、「文学少年の憂鬱」。


そんな時ばかり俺達は
 言葉を間違える


誰かのためにと思ってついた嘘が、回りまわって違う形で戻ってきてしまう。
今ついた一つの間違いが、明日を変えていってしまうという「嘘と明日」。


ここに綴られた言葉達は、そんな生きる中で感じたことがある1ページを示している。
その言葉を聴けば、胸の中にしまいこんでいた感情に触れ、今を生きることについて、きっと考えさせられることだろう。

ちなみに、Lyu:Lyuオフィシャルウェブサイトから「drop out」、「文学少年の憂鬱」、「嘘と明日」が視聴できます。


太陽になろうとした鵺

太陽になろうとした鵺

  • アーティスト: Lyu:Lyu
  • 出版社/メーカー: coolism records
  • 発売日: 2011/07/06
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック