2011年04月17日

「宇宙のみなしご」 ピロカルピン

今回はピロカルピンのアルバム「宇宙のみなしご」を紹介します。
ピロカルピンの3rdアルバム。
シングル「存在証明」、「終焉間際のシンポジウム」も収録されています。

たまたま耳にした「見えざる手」の不思議な幻想感と未来を予感させるメロディ。

そんな「見えざる手」も収録されているのが、このアルバム「宇宙のみなしご」。

「見えざる手」はもちろん、幻想的で吸い込まれそうな世界観が広がり、聴く人の心に直接届くような言葉が耳に残る。

中でも「存在証明」は、歌声と印象的なギターの音色が、詩の世界である真夏の夜のちょっと怪しげな雰囲気と重なり、不思議なほど惹きこまれてしまう作品になっている。

アルバムには、夕暮れから夜が舞台になっているものが多く収められているが、全てに共通して言えるのが、影の中に光が見えるような楽曲になっているといこと。

このアルバムは、聴く人に未来を信じさせてくるようで、彼らの未来への期待を感じられる一枚でもある。

見えざる手の詩を借りるのであれば

誰もが持っている 切り開く手を
 少しだけ遅れている夜明け


この作品が、色んな人の心、そして音楽シーンの新しい未来を作ってくれるのはでないかなと思う。

ちなみに、ピロカルピン OFFICIAL WEB SITEから「見えざる手」、「存在証明」のPV視聴ができます。

「宇宙のみなしご」特設ページ


宇宙のみなしご(初回限定盤)

宇宙のみなしご(初回限定盤)

  • アーティスト: ピロカルピン
  • 出版社/メーカー: グララーガ
  • 発売日: 2011/03/16
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック