2011年04月03日

「明日の花」 大知正紘

今回は大知正紘さんの「明日の花」を紹介します。
大知正紘さんのセカンドシングル。
バンドサウンドで聞かせる、また新たな一面が見れる曲になっています。

シンプルな構成と詩が印象的だった前作「手」と違い、バンドサウンドを前面に押し出した、厚みのあるサウンドが印象的な今作。

泣いて笑って繋ぎ合わせた 僕らは明日を信じていこう

誰しもが抱える葛藤。
うまくいかない自分に対して、どうしようもなくなっている気持ち。
そんな内面が見え隠れする。

振り返ることも、悩むこともいい。
それでも、明日を信じて歩いていくことだけはやめたくない。

そんな決意が見える一曲。

カップリングの「虹の見える世界で」も印象的な曲で、虹の向こうに行こうとするのではなく、虹が見える"今"を競い合いながら生きていきたいという詩が耳に残る。

「明日の花」、「虹の見える世界で」どちらも形は違えど、今を生きる人に訴えかける、大知さん心の叫びのようだ。

その言葉を耳にすれば、心が揺さぶられることだろう。

ちなみに、大知正紘公式サイトで視聴できます。

さらにちなみに、4/13にはファーストアルバム「ONE」がリリースされます。
1stシングル「手」はもちろん、今回紹介した「明日の花」、「虹の見える世界で」も収録されています。
こちらも注目です。


明日の花

明日の花

  • アーティスト: 大知正紘
  • 出版社/メーカー: Driftwood Record
  • 発売日: 2011/03/02
  • メディア: CD



ONE

ONE

  • アーティスト: 大知正紘,皆川真人
  • 出版社/メーカー: Driftwood Record
  • 発売日: 2011/04/13
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369766592

この記事へのトラックバック