2010年11月07日

「雷鳴」 広沢タダシ

今回は広沢タダシさんのアルバム「雷鳴」を紹介します。
前作「アイヲシル」から実に3年4ヶ月ぶりのアルバム。
ブルース、ソウル、ファンクとバラエティに富んだアルバムになっています。

不思議なほど心地よく残るアコギの音色。

ブルース、ソウル、ファンクとバラエティに富んだ世界を見せるアルバムの中で、ひと際存在感を見せるアコギがとにかく印象的。
そして、小谷美紗子、杉瀬陽子、笹井‘BJ’克彦(from indigo jam unit)、Unlimited toneと様々なゲストアーティストが加わることにより、今までにない空気感と深みも感じられる。

「大切な日はいつも雨」の流れるようなメロディ、「ブラブラブ」で見せる独特な歌詞、そんないつもの広沢さんもありつつ、「雷鳴」のアコギの音色、「フィッシュマン」「スイマー」「ヘアカッター」での美しいコーラスと、新鮮な一面も見れるアルバム。

一度ではなく、二度三度と聴くほどに、心地よい音の余韻が待っています。

ちなみに、こちらで視聴できます。


雷鳴

雷鳴

  • アーティスト: 広沢タダシ
  • 出版社/メーカー: バウンディ
  • 発売日: 2010/10/06
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369766567

この記事へのトラックバック