2009年12月27日

「filmstock」 baker

今回はbakerさんのアルバム「filmstock」を紹介します。
VOCALOIDシーン最重要人物の中でメジャーデビューしていなかった最後の巨匠がついにメジャーデビュー。
代表曲「celluloid」を初め、数々の名曲が収められています。

昨今のVOCALOIDシーンの礎を作ったとも言えるbakerさんがついにメジャーデビュー。
おなじみのナンバーはもちろん、待望の新曲も収録されている。

そんな収録曲の中でも、bakerさんを語る上ではずことが出来ない曲といえば「celluloid」。
自分としてもVOCALOID楽曲にはまるきっかけともなった曲で、悲しい世界観が詩と曲で見事に表現された名バラード。
本当に何度聴いても涙が出そうになる。

同じく今回再アレンジされて収録されている「カナリア」「サウンド」も、原曲の雰囲気そのままにさらに完成度を高めている。
特に「カナリア」の世界観は、特典のDVDに収録されているPVも見てもらえると、よりその良さがわかると思う。

そんなこのアルバムですが、一つ特徴的なところがあって、初音ミクを初めとするVOCALOIDという言葉がどこにも出てこない。
初音ミクのファンからすると、少し隠れた存在になりそうなアルバムだが、それだけ一つの音楽としての位置づけが高いアルバムと言え、逆にファンでなくても手に取りやすい一枚となっている。

卓越された技術とセンスが交差するbakerさん渾身のアルバム「filmstock」。
これからの活躍が楽しみになる一枚です。

ちなみにこちらで視聴できます。


filmstock

filmstock

  • アーティスト: baker
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: CD
posted by micarosu at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック