2009年11月29日

「ナユタとフカシギ」 スキマスイッチ

今回はスキマスイッチのアルバム「ナユタとフカシギ」を紹介します。
前作「夕風ブレンド」から約3年ぶりとなる待望のニュー・アルバム。
シングルとしてリリースした「虹のレシピ」「ゴールデンタイムラバー」を収録。

ソロ活動期間を経て、ついに活動を再開したスキマスイッチ。

再始動後初のシングル「虹のレシピ」は、どこまでも自然体で、スキマスイッチらしさというものを追求したような作品。
続くシングル「ゴールデンタイムラバー」は、計算された曲の構成と彼らの技術力の高さが改めて伺える、新境地を開いたようなパンチのある作品。

それらのシングルを経て、リリースされたこのアルバム「ナユタとフカシギ」。
上記シングル2曲を初め、彼ら二人の関係を歌ったような「双星プロローグ」や、日本語詩なのに英語のように聴こえる「ムーンライトで行こう」など、新しい試みや見せ方が随所に見られる。
今までのスキマスイッチとは一味も二味も違う、新しいスキマスイッチの世界を感じることができる。

アルバムタイトルであるナユタ(那由他)とフカシギ(不可思議)は、それぞれかなり大きな数を示す単位。
彼らの今までの多くの経験を詰め込んではいるけど、無量大数ほど大きくはない。

まさに、まだまだ無限に広がっていく可能性を秘めた、スキマスイッチの今がここにあります。

ちなみにこちらで視聴できます。


ナユタとフカシギ(初回生産限定盤)(DVD付)

ナユタとフカシギ(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: スキマスイッチ
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN Inc.
  • 発売日: 2009/11/04
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック