2009年09月06日

「Toy Box」 OneRoom feat.初音ミク

今回はOneRoom feat. 初音ミクの「Toy Box」を紹介します。
ジミーサムPことOneRoom feat. 初音ミクのファーストアルバムが完成。
圧倒的な完成度、圧倒的な存在感を持った名盤です。

今年になって初音ミクをフィーチャーしたアルバムが多数出ているが、その中でもこれは特別な存在。
というのも、初音ミクというキャラではなく、あくまで詩と曲という"音楽"そのものが前面に出されているからだ。

「SoundScaper」「from Y to Y」をはじめとする透明感漂う切ないバラード曲から、「Scene」「The 9th」などのバンドサウンドを効かせた曲まで。
曲の幅の広さもそうだが、決して使い捨てではない言葉で何かを伝えようとする歌詞。

そして、これらの世界を歌う初音ミクの歌声は、不思議なほど聴き手に届く。
その感覚はもはや一人の歌い手といってもいいくらいで、音楽の可能性を感じる一枚といっても言ってもいい。

初音ミクだという偏見を持たずに聴いてもらいたい一枚。
このアルバムを聴いて、何かを感じてもらえたらと思う。

posted by micarosu at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック