2009年08月09日

「延長戦を続ける大人たちへ」 馬場俊英

今回は馬場俊英さんのアルバム「延長戦を続ける大人たちへ」を紹介します。
前作から1年10ヶ月ぶりのオリジナルアルバム。
全ての大人たちへ贈る珠玉のメッセージが詰まった一枚になっています。

収録曲「明日の旅人」の歌詞にこんなものがある。

夢を見るのならば 時間をかけてほしい

あきらめずに夢を追いかければいつか手にすることができる。
この曲は自身の経験を元にした、同年代に送るメッセージなのかなと思う。
曲の最後の「♪この歌は 僕と君の歌なのさ」というところからも、それがわかる。

このアルバムは、全体を通して自身の経験というか、多くの時を過ごしてきた、大人になっていくことで感じたことが言葉になっている。
辛いこと、思い通りにいかないこと、でも負けたくはないということ。
だからこそ、この歌詞は馬場さんと同年代の人には特にグッとくるものがあるだろう。
(それよりも上の世代にはその頃の自分と重ね、下の世代にはいつかの自分と重ねてみて欲しい)

個人的に馬場さんの歌詞が本当好きで、歌から元気をもらったり、共感したり、いつもいろんな感情をもらっている。
その中でも、このアルバムに収められている楽曲のメッセージには響くものがあった。
「延長戦を続ける大人たちへ」というタイトル通り、大人たちにこそ聞いてもらいたい。

メッセンジャー馬場俊英が全ての大人になった少年少女たちに贈る13曲。
その言葉が多くの人の胸に響きますように。

ちなみに「延長戦を続ける大人たちへ」特設ページで視聴できます。
posted by micarosu at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369766492

この記事へのトラックバック