2008年11月23日

「うしろのしょうめん」 大石昌良

今回は大石昌良さんの「うしろのしょうめん」を紹介します。
元Sound Scheduleのヴォーカル大石昌良さんのセカンドシングル。
心の奥にこもった淡い思いと、哀愁漂うナンバーに仕上がっています。

こんな想いが心の奥に隠れているのかもしれない。
この曲を聴いているとそんな風に思う。

「君なんか幸せになってしまえばいい」
別れることになったとき、そんな言葉を言えるだろうか。
彼が書く歌詞はとにかくかっこよすぎる。

別れを唄う切なさの中に、ほのかに見せる温かさ。
アコギの音色がさらに哀愁を漂わせ、この感情をさらに引き立てている。

聴いた瞬間にいいと思える珠玉の名バラード。
とにかく一度聴いてみて欲しい。

ちなみにこちらで視聴できます。

11/26には初のアルバム「あの街この街」を発売。
もちろん、この「うしろのしょうめん」も収録されています。
大石さんのこれからの活躍を期待しましょう。
posted by micarosu at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369766452

この記事へのトラックバック