2008年08月10日

「Melodic youth」 PIECE4LINE

今回はPIECE4LINEの「Melodic youth」を紹介します。
この曲でメジャーデビューとなる彼ら。
力強いロックで語りかける歌詞は一聴の価値ありです。

音符何のため 誰のため 僕たちが描いた世界が 矛盾に満ちて 期待したものと 少し違っていた
 今日のため 明日のため それさえも気づかないまま 変わり行く 町並み 眺めた


力強いロックなんだけど、どこか哀愁が漂うメロディ。
メジャーデビューという喜びの反面にある不安や葛藤といった感情がこの曲からは伝わってくる。

もちろんそういう不安や葛藤というのは、いつだって誰だって持っているとは思う。
でも、新しい一歩を踏み出そうとしているときにはその感情がより一層強くなる。
この曲は彼らが“今”歌うことで、歌詞の想いが聴き手に何倍にも大きくなって伝わっている。
そんな気がする。

大きな一歩を踏み出した彼らが、不安や葛藤とどう向き合っていくか。
今後どんな活躍をしてくれるのか楽しみです。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369766437

この記事へのトラックバック