2008年08月03日

「Drunk Monkeys」 大橋卓弥

今回は大橋卓弥さんのアルバム「Drunk Monkeys」を紹介します。
スキマスイッチのヴォーカリスト大橋卓弥さんのファーストアルバムがついに完成。
CMで話題となった「はじまりの歌」を始めとした3枚のヒットシングルが収録されています。

男“大橋卓弥”ここにあり!
スキマスイッチの曲のように巧みという感じではなく、いい意味で泥臭い。

人に頼らず自分の力で前へ進んでみようという強いメッセージのこもった「はじまりの歌」

反対に一人でやっていくことの不安や葛藤を歌う「塊」

今よりももっと高みを目指そうというポジティブなロックナンバー「SKY」

ここが冷たい世界だとわかっていても、それでも生きていこうという「冷たい世界」

なかなか言えない両親への感謝の気持ちを込めた「ありがとう」

アルバムを聴いていると、一人の男として等身大の自分が表現されていることがわかる。

ソロとして活動しなければ生まれなかったかもしれない歌詞の世界と曲。
大橋さんが今伝えたいこと、今だからできる音楽…、それがわかる一枚です。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック