2008年05月18日

「WONDERFUL WORLD」 ゆず

今回はゆずのアルバム「WONDERFUL WORLD」を紹介します。
オリジナルアルバムとしては「リボン」以来約2年ぶり。
ゆずが生み出した“ワンダフルワールド”がここにあります。

「WONDERFUL WORLD」。
このタイトルからは、すごく前向きな曲が思い浮かぶ。
でも、ただ前を向いているわけではない。

一度立ち止まって自分を見つめ直すと、ここはワンダフルワールドだったことに気づき、また歩き出すような感じ。
ただ頑張れというのでない。
そこが今のゆずだからこそ書ける歌詞なんだと思う。

また、今回はプロデューサー陣が面白い。
久石譲(「WONDERFUL WORLD」)、亀田誠治(「うまく言えない」「眼差し」)、蔦谷好位置(「凸凹」)と様々。
この編曲がアルバムの中でもいいアクセントになっている。

1曲目の「ワンダフルワールド」から15曲目の「WONDERFUL WORLD」までいろんな世界が存在するが、この流れがすごく自然で聴いていて心地がいい。
まさに、アルバム全部で「WONDERFUL WORLD」です。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このアルバム、私も聴きました♪
個人的なお気に入りは「君宛のメロディー」ですね。シングル曲ももちろん。
Posted by ナナシ2号 at 2008年05月22日 23:49
>ナナシ2号さん
「君宛のメロディー」いいですよね<img src="http://blog.oricon.co.jp/_images_o/1158.gif" width="15" height="15" border="0" alt="びっくり">
自分もアルバムの中でかなりのお気に入りです。
Posted by micarosu at 2008年05月23日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック