2007年12月31日

2007年総決算〜アルバム篇〜

昨日に引き続き、2007年総決算をお送りします。
今日はアルバム篇。

個人的に選ぶアルバムBEST10をカウントダウン形式で紹介しますびっくり

注:あくまで個人的なランキングです。第10位

コントラスト」 秦基博

第9位

桜咲く街物語」 いきものがかり

第8位

orbital period」 BUMP OF CHICKEN

第7位

愛で行こうぜ!」 工藤慎太郎

第6位

30 minutes night flight」 坂本真綾


いよいよTOP5。
ここからはコメント付きで紹介します。

第5位

ポップコーンとショートムービー」 N.U.

今までのN.U.のベスト盤とも言うべき内容。
名曲のオンパレードです。

第4位

ダンデライオン3」 ダンデライオン

2枚のミニアルバムからの楽曲が多数を占めるが、それ以外のアルバム曲も名曲揃い。
聴き応え十分です。

第3位

青春映画が好きだった」 馬場俊英

日常が見えるような歌詞と親しみやすい楽曲で聞きやすい。
コブクロの小渕さんプロデュースの「スタートライン 〜新しい風〜」など、今までより幅をきかせた作品が並ぶ。

第2位

空はまるで」 MONKEY MAJIK

はっきり言って名盤。
表題曲「空はまるで」をはじめ、シングル曲からアルバム曲まで外れ曲なし。
車に一枚は積んでおきたいようなアルバム。

第1位

アイヲシル」 広沢タダシ

表題曲でもある「アイヲシル」をはじめ、「虹のつづき」「桜の絨毯に乗って」「夢色バス」「さよならなんて」等、名曲だらけ。
ベスト盤ではないかという作品。
曲はもともと定評があったが、歌詞の面でも成長が感じられる曲が多い。
本当にいいアルバムに仕上がったと思います。


いかがでしたでしょうかはてな
個人的に選ぶ2007年アルバムBEST10。
BEST10から惜しくももれてしまったアルバムが多数あるのがやはり悔しいですね。

今回ランキング形式で紹介していますが、あまり関係はありません。
みなさんがいいと思うものがあれば、それがいいものだと思います。
今年はこんなアルバムがあったんだぁ…程度に見てもらえれば幸いです。

最後に今年一年を簡単に総決算。
今年は就職で金銭的に少し余裕ができたのもあり、今までの人生で一番多くのCDを買った年でした。
そのおかげでいい曲にも多数出会えたし、買い逃すようなことが少なかったのはうれしかったですね。

とはいえ、世の中まだまだ隠れた名曲はたくさんあると思います。
このブログでは自分が出会うことの出来た名曲たちを、出来るかぎり紹介し続けていきます。

どれくらいの人がこのブログを楽しみに見ているかわかりませんが、地道に続けていくつもりです。
どうか温かく見守ってください。
コメントも気軽に書いてくれるとうれしいです。

新年は1/6からCDレビューを再開します。
2008年もよろしくお願いいたします。

それではみなさん、よいお年を。
そして来年もいい音楽に出会えますように。
posted by micarosu at 17:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 一年を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
重度の音楽ファンですが、
色々参考にさせて貰ってます^^
Posted by 支援 at 2008年01月06日 18:56
>支援さん
コメントありがとうございます<img src="http://blog.oricon.co.jp/_images_o/1158.gif" width="15" height="15" border="0" alt="びっくり">

こんなブログですが、参考になっていれば光栄です。<img src="http://blog.oricon.co.jp/_images_o/1140.gif" width="15" height="15" border="0" alt="笑顔">
2008年もいい曲を紹介していきます。
Posted by micarosu at 2008年01月06日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック