2007年08月05日

「鱗(うろこ)」 秦基博

今回は秦基博さんの「鱗(うろこ)」を紹介します。
「鱗(うろこ)」は秦さん2枚目のシングル。
前作のミニアルバムでは彼の真骨頂でもあるバラード曲が多く見られましたが、今作「鱗(うろこ)」は心地よいミディアムナンバーになっています。

この曲は前奏から驚かされました。
今までの曲ではアコギか直接歌から入ることが多かったのですが、「鱗(うろこ)」の前奏はピアノ。
そこからギターの音が入ってきて、さらにストリングスとかなり壮大な印象を受けました。

歌に入ると一旦静かになり、秦さんの歌声が響いてきます。
サビに近づくにつれ前奏のような壮大さがでてきて、サビで最大の盛り上がり。

音符君に今 会いたいんだ 会いに行くよ たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても
 鱗のように 身にまとったものは捨てて
 泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ


鱗のように身にまとった言い訳。
でもそれは嘘の姿でしかない。
君を失いそうになったときこれに気づく。

鱗のように身にまとったものは捨て、今君に会いに行くよ。
それでいいと思うから。

このサビを聴いたとき、なんかうれしくなりました。
歌詞にこめられた想いが、極上のメロディに乗って響いてくる。
個人的に今年で1,2を争うくらいの名曲だと思っています。

リリースごとに着実に進化を遂げていく秦さん。
「鱗(うろこ)」はかなりの名曲です。

ちなみこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック