2007年04月07日

「ミドリの声」 ひなた

久しぶりの更新となりました。
寮ではネットが今のところ使えないので、今日はネットカフェから更新します。

今回はひなたの「ミドリの声」を紹介します。
「ミドリの声」は昨年行なわれたEco Festa’06(新潟県環境保全事業団)の各会場を通して参加者が書いた自然に対するコメントを元にひなたが自然の大切さを書き下ろしたメッセージソングです。

この曲はまず歌詞が気に入りました。

音符自分が幸せになるために 何かを犠牲にしてきたことで
 今日という日があったなら 明日は自分で種をまこう
 ミドリの声に耳を澄まして
 みんなの街なんだから


自然の大事さを歌う曲はたくさんあるのですが、中でもこの曲は響きました。
自分が幸せになるために何かを犠牲にするというのは、ある意味仕方がないことと言えるかもしれない。
だからこそ、ただ犠牲してしまったのなら種を蒔いてまた花を咲かせようというメッセージ。

この歌詞を一度聴いたら忘れられないような曲が包み、この歌詞に込めた想いが伝わってくる。
この曲は彼らだからできるのでしょうね。
これからもひなたに注目していきたいものです。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369766352

この記事へのトラックバック