2007年03月08日

「白い街」 the Soul

予定と少しずつずれてきましたが、なんとか更新しています。
やはり3日おきの更新はなかなか大変です。

今回はthe Soulの「白い街」を紹介します。
この曲は一度聞いたときにいい曲だなぁと思ったんですが、なぜかどこで聞いたか忘れてしまいました…。(何かで聞いてからホームページ聴いたのですが…)

その印象に残ったというのはサビ。

音符壊れたみたいに降り積もる雪が
 近づけてくれる 僕らの距離
 こんなときに君に何を言えばいい
 二人だけのこの街で


「壊れかけたみたに」とものすごく訴えかけてくるように歌っている。
このたった1フレーズだけでこの曲に惹きつけれた。

ただ、ここだけを聴いたときは失恋ソングとばかり思っていたのですが実は違いました。
確かにこの部分は別れそうな雰囲気を持っている。
でもこれは、どちらも相手の想いがわかってわずにどうしていいかわからない状態なのだと思う。
それを“別れ”のように歌っているのかと。

でも少しずつ相手をわかっていき、君といることがやっぱりいいということに気づく。
そして最後には「決して離さない」と言っている。
この大サビの歌いだし「倒れないように」は「壊れたように」と同じように力強いが、これは“決意”を表しているのだとと思う。
少しずつでもいい。
必ず君を守るという決意ができたからこそ「決して離さない」と言えるのでしょう。

この歌詞を冬の雰囲気が漂うミディアムバラードが包み込む。
絶妙な一曲に仕上がっています。

カップリングの「OVER」は「白い街」より曲調が若干明るいのですが、こちらは反対に失恋ソング。
この対照的な2曲のバランスは気持ちがいい。
なかなかよくできたシングルと言えます。

the Soulは前作の「誰も知らない歌」もなかなかの曲です。
そして、3/7にはファーストアルバムを発売しましたびっくり
シングルはもったいないという人にはこのアルバムから入ってみるのもいいではないでしょうか。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
最近来ないうちにたくさん増えましたね。
    
  
さて話は変わりますけど、
白い雪ききました。
  
確かにサビの歌詞は印象深いですね。
<span style="text-decoration: line-through;">そこしか聞いていませんけど・・・</span>
    
   
これからもがんばってください。
Posted by スパーク at 2007年03月13日 19:52
>スパークさん
お久しぶりです。
そうですね。記事は増えましたね。
もうすぐ就職なので、今は蔵出し期間で一気に書いてます。
今月はかなり盛りだくさんの内容になると思います。

「白い街」もよければ全部通して聴いてほしいですね。
Posted by micarosu at 2007年03月13日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック