2007年01月14日

「天球の音楽」 牧野由依

最近は卒研が忙しくて更新できるか微妙な日々が続いていますが、なんとか今週は更新できそうです。

今回は牧野由依のアルバム「天球の音楽」を紹介します。
主に声優として活動している彼女ですが、今まで何枚かシングルをリリースしていました。
しかも、シングルはどれも粒ぞろい。
そのシングルも全て含めたアルバムがこの「天球の音楽」です。

ただ、買う前に少し気になっていたのがシングル曲はスローテンポの曲が多かったことです。
いい曲でもスローテンポの曲ばかりのアルバムだと若干飽きてしまいますからね。
でも、このアルバムには「もどかしい世界の上で」「夏休みの宿題」といったアップテンポの曲がいいアクセントになりスローテンポの曲がより活きてくる作りになっています。

楽曲提供陣の豊富さも注目。
菅野よう子、梶浦由記、窪田ミナ、北川勝利(ROUND TABLE)...
本人が作詞・作曲した曲もあり、それぞれの色が全く違うというのもすごく面白い。

個人的には「シンフォニー」「雨降花」も好きなのですが、ここでは「アムリタ」を紹介しましょう。
先日インストアライブでピアノ弾き語りでこの曲を聞いて鳥肌が立ちました。

音符銀色の雨が降ってきたら私だと思って
 涙を拭いて

 まっすぐに肌に落ちる流星
 降り続けて その肩に蜜雨(アムリタ)


訴えかけてくるような歌声に歌詞。
ピアノと声だけでここまで届く歌を歌えるんだなと思いました。
CDではさらに様々な音が入り、より壮大な感じに仕上がっていてこちらもすごくいいです。

名曲ぞろいな上に、何度聞いても飽きの来ないアルバム。
5年先も10年先も聞き続けていけるような名作だと思います。
みなさんも一度聞いてみてはいかがでしょうはてな

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック