2021年02月14日

「青く冷たく」 夜韻-Yoin-

今回は夜韻-Yoin-の「青く冷たく」を紹介します。

夜韻-Yoin-のメジャーデビューミニアルバム。

先行配信シングル「Seafloor」が話題になっていたこともあり、耳にしたことがある人も居ると思う。

「Seafloor」は洋楽やR&B的な要素を含みつつ、神秘さや透明感、間にセリフを挟むなど一曲の中で色んな顔を覗かせる楽曲だったが、アルバムを聴くと、バンド色が強い楽曲が出てくるのは結構意外だった。

「花の片隅で」は特に綺麗で切ない。
イントロのピアノの旋律の儚さから始まり、徐々に物語の幕が開いて進んでいく展開には思わず聴き入ってしまう。

続く「逆行」はEDM感が前面に出ていて、疾走感とともに独特の心地よさと解放感を聴かせてくれるのが新鮮。

「青く冷たく」はこの2曲の中間のような感じで、バンド感と電子的な要素が加わり、落ち着かない気持ちを表したような浮遊感を持っている。

このようにそれぞれの楽曲が際立っていて、それぞれの楽曲にドラマがあるのだが、全てを通してみるとストーリーになっているも聴きどころ。

そのストーリーを見せるに当たり、「君泳ぐ」のセリフがあったり、「走馬灯」のインストがあることもかなり大きい。

一曲一曲を楽しませつつ、全体で聴いても楽しめる一枚。
なかなか濃い一内容だ。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
Seafloor
花の片隅で
逆行
青く冷たく

posted by micarosu at 22:19| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする