2020年11月29日

「SOLITUDE」 The Songbards

今回はThe Songbardsの「SOLITUDE」を紹介します。

「夏の重力」の爽やかさに惹かれた。

サウンドは確かに爽やかな感じがあるのだが、詩を聴いていると切なさと寂しさが募る。

それらを含めての青春感が凄く良い。

この曲が気に入って収録アルバムである本作を手にしたのだが、タイトルが"SOLITUDE"、日本語で孤独という意味の言葉を選んでいるのを見て、最初は驚いた。

でも聴き進めると、その意味がわかってくる。

始めから「孤独と海」という直接"孤独"という言葉を使った曲が出てくるのだが、サウンド面はエフェクトが聴いたギターの音色から浮遊感が漂っていたり、どこか南国感、楽園のような雰囲気。

こちらも詩を見ると、やはりタイトルの通り孤独を感じる言葉が並んでいて、"もう出会うことはない"という言葉からは過去の楽しさと今の寂しさが滲み出るように伝わる。

「リトル・ヴァンパイア」も結構疾走感ある軽快なナンバーだけど、君の姿を探していたり、「Dream Seller」はサウンドから陰の部分を感じさせ、"出口のない街"とどこか諦めを感じる孤独が見えてくる。

ここまで結構絶望を感じているのだが、「夏の重力」で"また会えると思っていた"とまだまだ引き摺ってはいる様子は見えるものの、現実を受け止めて感傷に浸っているところにわずかな希望を感じさせる。

そこから「窓に射す光のように」で"それは窓に射す光のように 隔てる心を優しく溶かす"と歌うことで、孤独に一筋の光を見せることで、寂しさだけで終わらない締めにしているのが心地よい。

この作品は3部作の1作目。
ここからどんな方向に進んで行くのも気になるが、今はこの良き作品を堪能したいと思う。

ちなみに、こちらで「夏の重力」が視聴できます。

posted by micarosu at 20:56| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

レビュー一覧(2015年11月12日〜2020年11月11日)

11年目から15周年までの5年間に書いたレビュー一覧をまとめてみました。

気になるものがあれば是非読んでみてください。

続きを読む
posted by micarosu at 21:08| Comment(0) | レビュー一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

「bond」 asmi

今回はasmiさんの「bond」を紹介します。

囁くような歌声。

初めて聴いたときは最初ふわっとした幻想や空想を感じたのだが、言葉と音を聴くと凄くジャジーで大人びた印象と葛藤が入り乱れているような独特の空気感があった。

それはリード曲「summer sour」を聴いたときの感想だ。

言い方を変えると、奥に秘めた想いを吐き出すという感じではなく、含みを持たせた言葉を使って淡々と歌い上げる。
それが大きな特徴。

この言葉選びがなかなか興味深く、例えば「おすしの唄」では寿司のネタの話に君が好きだという話を混ぜて興味を引こうとする妬みの様子だったり、「last」のような執着して離れられない様だったり、すごくリアリティがある。

これを感情強く歌い上げてしまうとかなり重い曲になってしまいそうだが、asmiさんの淡々とした歌声で響かせると嫌な感じが残らない。

その聴かせ方が新鮮で、不思議と何度も聴いてしまう。

そんな力を持った楽曲が詰まった一枚だ。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
summer sour
anpan
cream soda
moon

posted by micarosu at 22:44| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

祝15周年!マイナー時々メジャーな音楽

本日2020年11月12日で「マイナー時々メジャーな音楽」が15周年を迎えることができました!
ありがとうございます!

10年続いただけでも良く続けたものだと思いましたが、まさか週一のペースは崩すことなく15年も続けることができるとは。
続けている自分も割と驚いています。

始めたきっかけとか経緯とかは10周年のコメントを読んでもらうとして、15周年記念(というほどでも無いですが)企画・記事のお話をしましょう。

今考えているのは

・10周年〜15周年までのレビュー一覧
・平成マイベスト100
・アーティスト特集記事「キセキ」を久々に更新(以前読んでみたいというお話をもらったアーティストを)

あたりを考えています。

平成マイベスト100については、一度ここで発表して、後で一曲一曲Twitterでコメントを出していくか、ツイキャスで時間取って話をするか考え中です。

要望や希望があれば、コメントを書いてもらえれば検討しますので、良ければ気軽に書いてもらえればと思います。(TwitterからコメントでもOKです)

小規模ですが、15周年のお祭りを一緒に楽しみましょう!
posted by micarosu at 22:45| Comment(0) | お知らせ・日記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

「Memento」 nonoc

今回はnonocさんの「Memento」を紹介します。

聴いた瞬間から圧倒された。

幻想的で深い世界観に、透明感を持った絶望と希望。

前者は音とメロディ。
後者は歌声。

これらが融合することで生まれた美しくも儚く愛おしい不思議な世界。

テレビアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』第2期のエンディングテーマ曲だが、彼女の歌手としての始まりもOVA『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』のイメージソングとエンディングテーマだったので、やはりこの歌声と作品の相性の良さを感じずにはいられない。

今作は3rdシングル。
この先、アルバムも含めどんな活動・活躍をしていくかが気になってくる最高の名曲だ。

ちなみに、こちらで視聴できます。

posted by micarosu at 20:55| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする