2020年04月19日

「燦燦 -SUN SAN-」 平川美香

今回は平川美香さんの「燦燦 -SUN SAN-」を紹介します。

燦燦と輝く太陽のような歌。
それを確かに感じることになるだろう。

平川美香さん初のフルアルバム「燦燦 -SUN SAN-」。

この曲で核になる2曲の話を最初にしよう。

一つは「ダイナミック琉球」。

沖縄の名曲のカバーなのだが、大地に響くような力強い歌声と大自然と壮大さを感じさせる音。
ダイナミックの名の通り、迫力とともに想いがガツンと響いてくるのがとても心地よい。

もう一つは「想い唄〜風にのせて〜」。

彼女の代表曲とも言える曲で、繊細な音色の中に見せる寂しさと勇気。
帰る場所があるという強さを胸に、前に踏み出そうとする真っ直ぐな想いが響いてくる。

この2曲を聴くとわかると思うのだが、とにかく歌声が力強く真っ直ぐだ。
言葉とメロディに存在感のあるこの2曲はその良さが際立っている。

かと言って、この路線ばかりでは無いのが彼女の魅力でもある。

「サマー!さまぁー!SUMMER!」では軽快で底抜けな明るさを見せてくれるし、「天使にデブソングを」ではユニークな詩を太い声で聴かせたり、「minori」ではスカのようなリズムに乗せながら反骨精神をコミカルに聴かせてくれたり、歌声の魅力を色んな形で聴かせてくれる。

ただ、どれも暗さは無くて、最終的には前を向いた言葉が並ぶ。
だから聴き終えた時に清々しい気持ちにさせてくれる。

こういうところが"燦燦と輝く太陽のような歌"と書いた神髄。
暗くなりがちな今の時代に、必要な輝きがここにはある。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
ダイナミック琉球
想い唄〜風にのせて〜

posted by micarosu at 22:15| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする