2020年02月09日

「unanimous」 TRIPLANE

今回はTRIPLANEの「unanimous」を紹介します。
TRIPLANEの9thアルバム。

いつも通りだ。
実にいつも通りのTRIPLANEのアルバムだ。

長く活動を続けていると、スタイルが変わっていくバンドも沢山ある。
TRIPLANEもその活動の中で色んな形を示してきていたバンドの一つだろう。

でも、変わらずに変わり続けること。
それがTRIPLANEというバンドの一つの答えなのかなと思った。

その葛藤を描いたようにも見える曲が一曲目の「Rookie」だ。

綴られた言葉には"ない"という言葉が目立つ。
決めていない、傷付けない、気にしない、負けていない…。

それでも歌う姿と歌う意味を、サビで絞り出すように聴かせる。
音に重厚感があり、暗めの曲調ではあるのだが、その中を行く歌声がとても真っ直ぐで、心に突き刺さるような力強さと希望を感じさせてくれる。

葛藤からの覚悟。
変わらない強さを得たTRIPLANEの曲は無敵だ。

「アオイハル」や「クラインクイン」といった美しいメロディと包みこむような歌声で虜にしたかと思えば、近年のTRIPLANEで多く見られるデジタル色の強い「No more」「ヒカイゲート」「Allez」のような楽曲でアグレッシブに攻め込む。

得意とする「Snowland」ようなバラード楽曲も良いが、「one day」のように静かな始まりから一気に開けていく疾走感溢れる楽曲も最高だ。

最後を飾る「nouveau」はとても華やかな楽曲だ。
音の響き方がキラキラしていて、音色だけでも明るい気持ちにさせてくれる。

歌詞も非常に前を向いていて、「♪僕らで迎えに行くんだ」の言葉には特に強い決意を感じるだろう。

変わらない良さを持ち続けるというのは非常に難しいものだ。
それを進化を続けながらも聴かせてくれる彼らの存在は大きい。

どこまでもTRIPLANEらしい歌とメロディと音が詰まった最新の名盤だ。

ちなみに、下記リンクから視聴できます。
Rookie
「unanimous」トレーラー

posted by micarosu at 22:26| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする