2019年10月13日

「信じ続けることで失うものなんて何もないよ」 Blueglue

今回はBlueglueの「信じ続けることで失うものなんて何もないよ」を紹介します。
Blueglueの1stフルアルバム。

何だろう、この懐かしい感じ。

すごく温かくて、優しくて、とても心地がよい。

その理由を探ってみると、色んなことが挙げられる。

メロディの良さであったり
身近に感じる歌詞であったり
素朴だけど芯のある歌声であったり。

でも一番凄いのが、これらが一つの歌という形になって、聴き手の耳と心に届いていることだと思う。

中でも「ラジオとスープ」は印象的だった。

透明感と清涼感。
パッと聴いたときにそれを感じさせつつも、聴いているとメロディと歌声に見せるのは少しの陰。

その陰に連れられるように歌詞の世界に浸ってみると、少しだけギクシャクした二人の関係が見えてくる。

何かがあった昨日と"ごめん"と思っている今日の朝。
でもその奥には信頼している二人の関係が見えていて、新しい朝に"雨が上がったみたいだね"という若干楽観的な言葉で二人の信頼の距離を見せるのがとても良い。

綴られた詩の世界観を、音色とメロディに重ねて、歌声が真っ直ぐ届けてくれる。
こういう純粋に良いと思える楽曲を聴かせてくれるのが彼らの魅力だ。

もちろんこういった楽曲だけでなく、「Listen Girl」のような心地よいグルーブ感のある楽曲であったり、浮遊感のある音色の中で大切な人を大切にしたいという強い決意を聴かせる「宇宙の風に乗って」であったり、聴かせ方は非常に多彩だ。

でも芯にあるものは変わらない。
メロディの良さの親近感のある言葉、そして温かみのある歌声。

探ってみると、ルーツが90年代にあるということで、この良さが生まれたことも納得だ。

ただ、そんな彼らなのだが、先日のワンマンライブ、そして明日10/14のライブを持って解散することが発表されている。

もっと早く知っておきたかったという無念さと、これだけの楽曲を残してくれたことへの感謝をここで伝えたい。

「信じ続けることで失うものなんて何もないよ」
Blueglueの最初で最後、そして最高のフルアルバムだったと。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
ラジオとスープ
宇宙の風に乗って

posted by micarosu at 22:17| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする