2019年07月28日

「ON」 SURFACE

今回はSURFACEの「ON」を紹介します。
SURFACEの7thアルバム。

昨年行った再始動ライブ、SURFACE 20th Anniversary Live「Re:Attraction」で宣言をしていた7thアルバム。

そこから1年の時を経て、ついに現実のものとなった。
SURFACEとしては実に11年ぶりとなる7thアルバムだ。

その名は「ON」。
いよいよSURFACEの電源がONとなる。

聴き始めて真っ先に思ったのは、やっぱりSURFACEなんだよなということ。

再始動ライブで披露した新曲「LIKE a CAT」もそうだったのだが、再始動だからといって特に特別なことはしない。
あくまで椎名慶治と永谷喬夫の二人が揃ったらSURFACEなんだというのをこれでもかというほど感じさせてくれる。

「Is life beautiful?」からもう最高だ。
まさにオープニング曲という感じで、迫力と攻撃力のあるイントロに始まり、小気味よりリズムとメロディに椎名さんのセンス溢れる詩と歌声で一気に聴き手の心を掴んでいくという、SURFACEらしさが全開。

間奏でセリフが入っているのも、初期の楽曲の「まだまだ」を彷彿とさせるあたりも憎い。

続く「NANANA」もライブ映えしそうな楽曲だ。
小気味良いリズムと"NANANA"や"イェイ!イェイ!イェイ!"のフレーズがクセになる。

3曲目の「やってみようよ」は歌いだしが結構ゆっくり目で、ようやく落ち着くかと思わせつつ、途中から熱量を上げてきて、まだまだ彼らの勢いは衰えない様子。

落ち着いてくるのは「split milk」から。

アルバムの中でもかなりメロディが綺麗なミディアムナンバーで、どちからというと椎名さんのソロ楽曲のような雰囲気があるのだけど、ギターの入り方や彩り方、間奏の印象的なギターフレーズなど、永谷さんのテイストもかなり色濃く出ていて、こういうのもSURFACEだなと思わせてくれる。

ここから「また僕はうなずく」、「君を平穏から救い出せるのは」のゆっくりとした流れは、少し大人びたSURFACEが堪能できる。

そして、「LIKE a CAT」。
再始動ライブで披露された楽曲で、SURFACE 20th Anniversary Book「Re:BIRTH」に付属の形でしか聴くことができなかった曲が遂に普通に聴くことが出来るようになったのは嬉しい。

楽曲のレビューはこちらを是非。

アルバムの最後の「僕たちの声」という名曲も聴き逃せない。

SURFACEのアルバムの最後といえば、やはり元気な曲のイメージが強い。
「ヌイテル?」、「そっちじゃない」、「そこに星座」、「イッツオーライ」と。

今回の「僕たちの声」もそこに並ぶ名曲で、力強いアッパーチューンに仕上がっている。

この曲では歌詞も注目したい。
上で特別な事はしていないと書いたが、この楽曲の詩には決意とメッセージが込められているような感じだ。

僕の声では無く、僕たちの声。
それはつまり、椎名さんでもない、永谷さんでもなく、SURFACEの歌のこと。

それが聞こえるなら、着いてきてほしい。
もっと先へ連れて行くよというメッセージには、昔からのファンならずともグッと来るものがあるだろう。

どこまでもSURFACEらしいアルバムではあるのだが、アルバムとしては11年も経っているのだ。
その間それぞれにソロ活動をして磨かれた才能と才能をぶつけ合って出来た、最高の作品。

新生SURFACE、始動です。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
Is life beautiful?
僕たちの声

posted by micarosu at 22:21| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする