2019年06月09日

「天秤」 オーノキヨフミ

今回はオーノキヨフミさんの「天秤」を紹介します。
オーノキヨフミさんの6枚目のフルアルバム。

もはや円熟味を帯びてきたとも言うべきかもしれない。

始まりの「オニグモ」からもう驚きで、ジャズテイストの音からお洒落な曲をイメージさせたかと思えば、力強いメロディと自然体の歌声で聴かせるという独特の存在感を出していた。

今回は特に楽器のインパクト、特にサックスの音色が印象的で、「おやすみマイライフ」のイントロ、「Ramen Town」のようなインスト曲や「バレエダンサー」のような少しカントリー風の楽曲でも世界観に彩りに一役買っている。

そんな演奏やアレンジ面も聴きどころではあるが、そもそも素晴らしい楽曲ばかりなのだ。

中でも外せないのは「月夜のサバイバルツアー」、「Awesome」、「地図」だろうか。

「月夜のサバイバルツアー」はかなり独特。
一歩一歩踏みしめながら歩いている様子を感じるのだが、それとは逆に浮遊感のようなものも感じさせる。

中毒性あるメロディもあり、一度聴いたら忘れられない楽曲になっている。

「Awesome」はイントロの少し攻めたアコギの音色にデジタルサウンドの融合と、どことなく名曲「新宿西口摩天楼」を彷彿とさせる。
この手の楽曲はオーノさんの個性が強く出ていてやはり惹きこまれてしまう。

「地図」はデビューの頃のような懐かしさに虜になってしまう。
実際その頃からあった楽曲らしく、オーノさんらしい独特のメロディと歌声から響く無力さ感じさせる言葉が響いてくる。

歌声の深みが増していることもあり、この楽曲の切なさがより染みるように入ってくるのが堪らない。

演奏やアレンジだけでなく、今だからこそ書ける言葉と歌声の深み。
そんな円熟味を増した歌が心に浸透する一枚だ。

ちなみに、こちらから一部楽曲が視聴できます。
posted by micarosu at 22:13| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする