2019年05月12日

「ESCAPE」 小林太郎×Academic BANANA

今回は小林太郎×Academic BANANAの「ESCAPE」を紹介します。
小林太郎さんとAcademic BANANAのスプリットEP。

レーベルメイトとはいえ、なかなか珍しい組み合わせだ。

小林太郎さんといえば、孤高のロックミュージシャン。
Academic BANANAといえば、ネオ歌謡曲。

一見交じり合わないような気もするが、蓋をあけてみればとんでもないエネルギーを持ったコラボになっていた。

収録曲は全9曲。
小林太郎さんの楽曲が4曲、Academic BANANAの楽曲が4曲、コラボ楽曲が1曲という内容だ。

CDは小林太郎さんの楽曲から始まる。

「零」、「針音」。
この2曲を聴いたとき、いつもと違う雰囲気を感じると思う。

この辺りがまさにスプリットEPならではのところで、この2曲の作曲はAcademic BANANAの齋藤知輝さん。
滲み出る歌謡曲感はそこから来ている。

少し懐かしく耳に馴染みやすいメロディを聴かせながらも、小林太郎さんの熱い歌唱で真っ直ぐに響かせるのがなんとも格好良く痺れさせてくれる。
この時点でCDを手にして良かったと思えるほどの内容だ。

Academic BANANAの楽曲だって負けていない。

「抱擁」の王道の進行で聴かせるムーディでメロディアスな歌謡曲感に、怪しげな二人の関係を描いた詩の妖艶さ。
まさに彼らの真骨頂という楽曲。

続く「HAPPY-HAPPY TIME」では少し雰囲気が変わる。
クリスマスの浮かれた気分を明るめの音色で聴かせつつも、どこか陰があるのは後ろめたい気持ちなのかなと想像させる音世界がまた秀逸。

1つのEP内でまるで個性と個性をぶつけ合うかのように繰り出される名曲の数々。
トリにはその集大成の「Escape」が待っている。

この楽曲は正真正銘のスプリット楽曲。

ジャジーな雰囲気と骨太の音色。
小林太郎さんの熱いボーカルを聴かせてくれたかと思えば、齋藤さんの繊細で艶のある歌声で惹き込む。

サビではこの二人のボーカルが重なり合い、熱く繊細な逃亡劇を歌という形で響かせる。
この素晴らしさは何と表現すれば良いのだろうか。

ただ単純な熱さでもなく、単純な繊細でもない。
何か内に秘めた熱情を感じさせるとでも言うべきか。

このコラボだからこそ生まれた最高の一曲。

そして、こんな素晴らしい楽曲ばかりが聴けるEPもまた最高の一枚だ。

ちなみに、こちらで「Escape」が視聴できます。

posted by micarosu at 23:16| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする