2019年02月24日

「〔CORE〕」 駒形友梨

今回は駒形友梨さんの「〔CORE〕」を紹介します。
駒形友梨さんの1stミニアルバム。

上質という言葉がしっくりくる作品。

駒形さんと言えば、何と言っても歌声の素晴らしさ。
凛としながらも非常に透明感があり、惹き込むような存在感と安心感を与えてくれる。

デビュー曲「トマレのススメ」が非常に魅力的な作品だったので、今作も期待していたわけだが、その遥か上をの内容になっていた。

ピアノの音色とともに歌い始める「starting in the haze」からもう凄い。
歌声の素晴らしさを伝えるには余計な音はいらないという自信を感じさせる楽曲で、この歌いだしの時点から惹かれてしまう。

ここに続くのが「メイズ」。

「starting in the haze」のアウトロから「メイズ」へはほぼ繋ぎ目が無い状態で入っていく。
つまり、「starting in the haze」は一つの楽曲としても素晴らしいが、「メイズ」という楽曲を飛び立たせるための助走とも言える楽曲になっている。

「メイズ」は飛び立たせるという表現をしたくなるような疾走感と開放感を持った楽曲。
とはいえ、メロの部分では抱えた負の感情を描き、サビではそこに立ち向かう葛藤のような陰のある言葉が印象を強く与える。

哀しい歌なのだか、何故だかとても美しさを感じさせるのが興味深い。

リード曲でもある「クロックワイズ」は心地よいリズムで繰り広げられるキラキラのポップナンバー。
前2曲が大人びた印象だったのは対照的に、等身大で伸びやかな空気と歌声を堪能できる。

浮遊感漂うディスコナンバー「It's HEAVEN」も面白い。
歌声やメロディの良さはもちろんなのだが、ピアノの演奏と編曲が素晴らしく、特に間奏部分のピアノパートは惹き込まれる。

本人作詞のバラード曲「時の葉」のシンプルな音色、ジャジーな雰囲気を漂わせる「ソノヒ」に酔いしれさせたかと思えば、イルミネーションのようなキラキラ感と華やかさを持った「Talk 2 Night」が最後にまた一花咲かせてくれる。

ミニアルバムなので7曲と少なめだが、その中で存分に聴かせてくれる歌声の魅力と可能性。
上質で心地よい歌声と音楽をお楽しみ頂ける一枚。

ちなみに、こちらで「クロックワイズ」が視聴できます。

posted by micarosu at 22:13| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする